「カナガンキャットフード」と「ブラバンソンヌキャットフード」を5つの項目で比較!

PR

猫 キャットフード

人気のプレミアムキャットフードである「カナガンキャットフード」と「ブラバンソンヌキャットフード」を5つの項目で比較してみました。

今回は、キャットフードを購入する際に目安となる「1.基本情報」「2.価格」「3.安全性」「4.動物性原料」「5.主成分」を徹底比較しています。両者の良いところ悪いところ包み隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

「カナガンキャットフード」と「ブラバンソンヌキャットフード」を5つの項目で比較しました!

1.基本情報で比較 原産国や販売会社などで比較しました。
2.料金で比較 通常、定期コース、送料などの料金で比較してみました。
3.安全性で比較 穀物や人工添加物が入っていないか比較しました。
4.動物性原料で比較 フードにどれくらい動物性原料が使われているか比較しました。
5.主成分で比較 タンパク質や脂質など成分を比較しました。

上記の5つの項目で、カナガンキャットフードとブラバンソンヌキャットフードを比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

「カナガン」と「ブラバンソンヌ」を基本情報で比較!

カナガンキャットフード ブラバンソンヌキャットフード
原産国 イギリス ベルギー
種類 ・チキン
・サーモン
・子猫用チキン
・成猫用チキン
・成猫用オーシャンフィッシュ
・消化器サポート全年齢
・シニア猫用エイジングケア
対応年齢 全年齢 種類により対応
販売会社 株式会社レティシアン Suga Japan 株式会社

カナガンキャットフードはペット愛護先進国であるイギリスで作られています。

当然カナガンはイギリスで設けられているペットの食事も人間同様に厳しい管理基準を満たしているものすごく安全なフードだといえます。

もちろんベルギー産のブラバンソンヌもフード作りにはこだわっていて厳選されたヒューマングレードの原材料や製法など独自の基準を持っています。

また、ブラバンソンヌはFEDIAF(欧州ペットフード工業会連)の栄養基準を満たしています。

猫に合うか合わないかを考えるとカナガンが2種類ありますし、ブラバンソンヌも加えるともっと増えるのでどれかを好きになってくれたらいいですね。

どれか2種類に食いつきが良かったら混ぜることもできますし、ローテーションに加えてもいいと思います。

カナガンは全年齢対応です。

これもいいことで、子猫から成猫になる時にフードを無理に変える必要がありません。カナガンは良いフードですから何歳でも必要な栄養はしっかり採れます。

一方、ブラバンソンヌは子猫・成猫・シニア猫と分けられており、消化器サポートだけが全年齢対応になっています。

カナガンとブラバンソンヌを価格で比較!

税込み カナガンキャットフード ブラバンソンヌキャットフード
内容量 1.5㎏ 1㎏・2.5㎏
通常 5,038円 子猫用チキン5,830円(2.5kg)
成猫3,190円(1Kg)、5,830円(2.5Kg)
消化器サポート全年齢3,410円(1kg)、6,490円(2.5kg)
シニア猫3,410円(1kg)、6,490円(2.5kg)
定期 1個:4,534円(10%オフ)
2個以上:4,282円(15%オフ)
5個以上:4,030円(20%オフ)
成猫3,030円(1Kg)、5,247円(2.5Kg)
消化器サポート全年齢3,239円(1kg)、5,841円(2.5kg)
シニア猫3,239円(1kg)、5,841円(2.5kg)
【初回特別価格】
消化器サポート全年齢:2,915円(2.5kg)
シニア猫:2,915円(2.5kg)
100g当たり 約335.9円 233.2
成猫用
送料 880円
※商品価格合計税抜10,000円以上で送料・代引き手数料が無料
480円
※注文合計金額が税込7,000円以上の場合は無料

※100g当たりの価格は通常価格から算出しました(定期やトライアル、初回限定などで安くなる場合もあります)。

ブラバンソンヌはプレミアムキャットフードの中では比較的安い方ですね。

「カナガン」と「ブラバンソンヌ」を安全性で比較!

カナガンキャットフード ブラバンソンヌキャットフード
穀物 不使用
玄米
白米
人工保存料 不使用 不使用
香料 不使用 不使用
着色料 不使用 不使用

カナガンキャットフードはグレインフリー(穀物不使用)で、猫が消化しにくく、アレルギーになりやすい小麦や小麦粉、トウモロコシなども含まれていません。

残念ながらブラバンソンヌはグレインフリーではありません。穀物をたっぷり使ってます。

グレインフリー

公式サイトでは「グレインフリー」だと謳ってますが。

【子猫用チキン】

チキン、、動物性油脂(チキン由来)、高消化性エンドウ豆タンパク質、エンドウ豆、加水分解チキンタンパク質、乾燥チコリー(フラクトオリゴ糖、イヌリン)、乾燥ナンキョクオキアミ、ビタミン類(A、D3、E)、アミノ酸類(タウリン)、ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素、セレニウム)、セルロース、乾燥ニンジン、乾燥リンゴ、ユッカ抽出物、乾燥ナシ、酸化防止剤(αトコフェロール、ローズマリー抽出物)、乾燥ホウレンソウ、乾燥クランベリー、グルコサミン、コンドロイチン

【成猫用チキン】

チキン、玄米、レンズ豆、 動物性油脂 (チキン由来)、エンドウ豆、サーモンオイル、加水分解サーモンタンパク質、高消化性エンドウ豆タンパク質、乾燥チコリー (フラクトオリゴ糖、イヌリン)、亜麻仁 、ビタミン類(A、D3、E)、アミノ酸類(タウリン)、ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素、セレニウム)、セルロース、ビール酵母、 乾燥ニンジン、乾燥リンゴ、酸化防止剤(αトコフェロール、ローズマリー抽出物)、乾燥ナシ、乾燥ホウレンソウ、乾燥クランベリー、グルコサミン、コンドロイチン、ユッカ抽出物

【成猫用オーシャンフィッシュ】

魚(サーモン、タラ、スケトウダラ、アカガレイ、ツノガレイ)、玄米、高消化性エンドウ豆タンパク質、動物性油脂(チキン由来)、エンドウ豆、レンズ豆、サーモンオイル、亜麻仁、加水分解サーモンタンパク質、ビタミン類(A、D3、E)アミノ酸類(タウリン)、ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素、セレニウム)、乾燥チコリー(フラクトオリゴ糖、イヌリン)、セルロース、ビール酵母、乾燥ニンジン、乾燥リンゴ、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)、乾燥ナシ、乾燥クランベリー、乾燥ホウレンソウ、グルコサミン、コンドロイチン、ユッカ抽出物

【シニア猫用エイジングケア】

チキン、白米玄米、動物性油脂(チキン由来)、チキン生肉、エンドウマメ、亜麻仁、高消化性エンドウ豆タンパク質、加水分解チキンタンパク質、サーモンオイル、ビール酵母、乾燥チコリー(フラクトオリゴ糖、イヌリン)、ビタミン類(A、D3、E、K、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、B5、葉酸、ビオチン、塩化コリン、C)アミノ酸類(DL-メチオニン、L-リシン、L-トリプトファン、L-カルニチン、タウリン、アルギニン、シスチン)、ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素、セレニウム)、乾燥南極オキアミ(EPA、DHA)、セルロース、タンポポ根エキス、乾燥ニンジン、乾燥リンゴ、乾燥カポチャ、乾燥クランベリー、乾燥ブルーベリー、グルコサミン、コンドロイチン、緑イ貝、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)、ブドウ種子エキス

【消化器サポート全年齢】

白米、チキン、チキン生肉(15%)、トウモロコシグルテン、加水分解チキンタンパク質、動物性油脂(チキン由来)、セルロース、ビートパルプ、サーモンオイル、ビタミン類(A、D3、E、K、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、B5、葉酸、ビオチン、塩化コリン、C)アミノ酸類(DL-メチオニン、L-リシン、L-トリプトファン、L-カルニチン、タウリン)、ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素、セレニウム)、乾燥アスペルギルス(マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖)、ビール酵母、乾燥カボチャ、ユッカ抽出物、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)、乾燥クランベリー

5種類すべてに穀物が使われています。それも第二原材料までに入っています。「消化器サポート全年齢」においては第一主原料が白米です。

穀物は猫にとって消化しにくく腸に負担がかかるため最近のプレミアムキャットフードには含まれないことが多いのですが。

しかし、ブラバンソンヌは獣医師がレシピ開発に関わっていますし、厳しいことで有名なFEDIAF(欧州ペットフード工業会連)の栄養基準を満たしていますから、大丈夫だということなのでしょう。ちなみに1番アレルギーが出やすい小麦は使っていませんし。

カナガンキャットフードもブラバンソンヌキャットフードも人工保存料、香料、着色料も不使用なので安心して猫に与えられます。

さらにカナガンの製造工場は、FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の厳しいガイドラインを遵守した施設にて製造されてるので一層安心できますね。

「カナガン」と「ブラバンソンヌ」を動物性原料で比較!

カナガン チキン カナガン サーモン 成猫用チキン 成猫用オーシャンフィッシュ
動物性原料 乾燥チキン 35.5%、チキン生肉 25%、乾燥卵 4%、チキングレイビー 2.3% 生サーモン31.5%、乾燥サーモン15%、乾燥ニシン15%、乾燥白身魚14%、生マス2.5% チキン 魚(サーモン、タラ、スケトウダラ、アカガレイ、ツノガレイ)
動物性原料の量 66.8 78%
動物性原料の質 ヒューマングレード ヒューマングレード ヒューマングレード ヒューマングレード

カナガンキャットフードは動物性原料がふんだんに使われています。(※ブラバンソンヌキャットフードもたくさん使われているはずですがパーセンテージは不明です)

これは猫が本来肉食であることを考えると当たり前のことだと思います。

しかも、人間も食べられるヒューマングレード。

猫にとって欠かせない質の良いタンパク質を採ることができます。

また動物性原料は猫にとって消化に優しく、体の機能を維持するために必要になる必須アミノ酸も多く含まれるので理想的といえます。

「カナガン」と「ブラバンソンヌ」を主成分で比較!

カナガン チキン カナガン サーモン 成猫用チキン 成猫用オーシャンフィッシュ
タンパク質 34%以上 34%以上 29%以上 29%以上
脂質 16.7%以上 14.8%以上 16%以上 18%以上
繊維 3.25%以下 3.25%以下 3.5%以下 3%以下
灰分 10.7%以下 10.2%以下 7.5%以下 7.5%以下
水分 8%以下 8%以下 9%以下 9%以下
オメガ3脂肪酸 0.82% 3.1% 0.78%以上 1.1%以上
オメガ6脂肪酸 1.58% 0.8% 2.72%以上 2.28%以上
リン 1.1% 1% 0.7% 0.7%
カルシウム 1.58% 1.4% 1% 1%
代謝エネルギー
/100g
405kcal 398kcal 414kcal 428kcal

カロリーはブラバンソンヌキャットフードの方が高いですね。

ブラバンソンヌはチキンにもオーシャンフィッシュにもオメガ6脂肪酸が豊富に含まれているので皮膚や被毛を健康的にしてくれるでしょう。

「カナガンキャットフード」をおすすめの方はこんな人!

○

  • 猫が消化しやすいグレインフリーのキャットフードを選びたい方
  • 人間も食べられるヒューマングレードの素材を使ったキャットフードを求める方
  • 原材料にこだわったキャットフードをお探しの方
  • 子猫からシニア猫まで幅広く対応しているキャットフードを選びたい方
  • 安心・安全なキャットフードが欲しい方

カナガンの公式サイトはこちら

「ブラバンソンヌキャットフード」をおすすめの方はこんな人!

○

  • 人間も食べられるヒューマングレードの原材料を使ったキャットフードを求める方
  • 栄養価の高いキャットフードをお探しの方
  • 食いつきが良いフードをお求めの方
  • ステージごとにキャットフードを与えたい方
  • 厳しい審査をクリアしたキャットフードが良い方

ブラバンソンヌの公式サイトはこちら

しろねこの独断チェック!

ブラバンソンヌはできるだけ胃腸に負担のかからない食事が大事だという考えを基に、特に消化器ケアに重点を置いてレシピを開発してしてるんですよね。

それは良い事だと思うんですが、穀物をたっぷり使ってますからグレインフリーではありません。お値段が安いのもそういうことが影響してるのかな?

それでもFEDIAF(欧州ペットフード工業会連)の栄養基準を満たしていますから品質には問題ないんでしょう。

また、カナガンと比べるとタンパク質量も物足りない上にカロリーが高いです。

動物性原料の量も分からないですし、おすすめするならカナガンになりますね。

穀物に全くアレルギーがない猫さんには試してみてもいいかもしれませんが。

口コミ・評判はこちら

>>カナガンの口コミ

>>ブラバンソンヌの口コミ

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のキャットフード「カナガンキャットフード」と「ブラバンソンヌキャットフード」の違いを5つご紹介してきました。

カナガンとブラバンソンヌは結構比較して検討する方も多いのですが、実は「カナガンデンタル」と「ファインペッツ」で比較する方も多いんです。

詳しくは「カナガンデンタルキャットフードとファインペッツキャットフードを5つの項目で比較!」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました