「カナガンキャットフード」と「オリジンキャットフード」を5つの項目で比較!

猫 キャットフード

人気のプレミアムキャットフードである「カナガンキャットフード」と「オリジンキャットフード」を5つの項目で比較してみました。

今回は、キャットフードを購入する際に目安となる「1.基本情報」「2.価格」「3.安全性」「4.動物性原料」「5.主成分」を徹底比較しています。両者の良いところ悪いところ包み隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

「カナガンキャットフード」と「オリジンキャットフード」を5つの項目で比較しました!

1.基本情報で比較 原産国や販売会社などで比較しました。
2.料金で比較 通常、定期コース、送料などの料金で比較してみました。
3.安全性で比較 穀物や人工添加物が入っていないか比較しました。
4.動物性原料で比較 フードにどれくらい動物性原料が使われているか比較しました。
5.主成分で比較 タンパク質や脂質など成分を比較しました。

上記の5つの項目で、カナガンキャットフードとオリジンキャットフード「オリジナルキャット」を比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

「カナガン」と「オリジン」を基本情報で比較!

カナガンキャットフード オリジンキャットフード
原産国 イギリス カナダ
種類 ・チキン
・サーモン
7種類
※今回は代表的な「オリジナルキャット」で比較します
対応年齢 全年齢 成猫
販売会社 株式会社レティシアン 株式会社トランペッツ

カナガンキャットフードはペット愛護先進国であるイギリスで製造されています。

当然カナガンはイギリスで設けられているペットの食事も人間同様に厳しい管理基準を満たしているものすごく安全なフードだといえます。

一方、世界で多くの賞を獲るほどの品質を誇るオリジンのキャットフードは、厳選した素材で生物学を基に作られていて猫の食いつきも良いと人気があり、プレミアムフードの中でも最も有名でしょう。

猫に合うか合わないかを考えるとカナガンが2種類ありますし、オリジンには7種類もあるのでどれかを好きになってくれたらいいですね。

どれか2種類に食いつきが良かったら混ぜることもできますし、ローテーションに加えてもいいと思います。

カナガンは全年齢対応です。

これもいいことで、子猫から成猫になる時にフードを無理に変える必要がありません。

オリジンには子猫用がありますからオリジン同士なら成猫用にスムーズに移行できるかもしれません。

カナガンとオリジンを価格で比較!

税込み カナガンキャットフード オリジンキャットフード
内容量 1.5㎏
通常 4,708円 340g:1,760円
1.8kg:8,030円
5.4kg:19,800
定期 1個:4,237円(10%オフ)
2個以上:4,001円(15%オフ)
5個以上:3,766円(20%オフ)
「シックスフィッシュキャット」と「フィット&トリムキャット」のみ
100g当たり 約313.8円 約446.1円
送料 704円
※商品価格合計税抜10,000円以上で送料・代引き手数料が無料
660円

※100g当たりの価格は通常価格から算出しました(定期やトライアル、初回限定などで安くなる場合もあります)。

100g当たり約446.1円というのは「さすがオリジン」と思える価格です。

カナガンもプレミアムフードなんですけど全然違いますね。

「カナガン」と「オリジン」を安全性で比較!

カナガンキャットフード オリジンキャットフード
穀物 不使用 不使用
人工保存料 不使用 不使用
香料 不使用 不使用
着色料 不使用 不使用

カナガンキャットフードもオリジンキャットフードもグレインフリー(穀物不使用)で、猫が消化しにくく、アレルギーになりやすい小麦やトウモロコシなどの穀物は含まれていません。

また、人工保存料、香料、着色料も不使用なので安心して猫に与えられます。

さらにカナガンは、FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の厳しいガイドラインを遵守した施設にて製造されてるので一層安心できますね。

オリジンは、レシピの開発、製品の安全性、原材料の供給、フードの調理の細部に至るまで確実に管理できる自社キッチンで製造しています。

さらに、原材料の生産地、運搬手法までこだわって、「いつ」「どこで」「だれによって」飼育・漁獲・生産されたかが見えることが信頼につながると考えています。

「カナガン」と「オリジン」を動物性原料で比較!

カナガン チキン カナガン サーモン オリジン
動物性原料 乾燥チキン 35.5%、チキン生肉 25%、乾燥卵 4%、チキングレイビー 2.3% 生サーモン31.5%、乾燥サーモン15%、乾燥ニシン15%、乾燥白身魚14%、生マス2.5% 新鮮鶏肉 (20%), 生七面鳥肉 (10%), 生の丸ごとニシン (9%), 新鮮鶏内臓 (レバー, 心臓) (6%), 生の丸ごとヘイク (5%), 生 七面鳥レバー (5%), 新鮮卵(5%), ディハイドレート鶏肉 (4%), ディハイドレート七面鳥肉(4%), ディハイドレートサ バ (4%), ディハイドレートイワシ(4%), ディハイドレートニ シン (4%), 鶏脂肪 (4%),
動物性原料の量 66.8% 78% 約85%
動物性原料の質 ヒューマングレード ヒューマングレード ヒューマングレード

カナガンキャットフードもオリジンキャットフードも動物性原料がふんだんに使われています。

特にオリジンの約85%は凄い数字です。(90%の種類もあります)

これは猫が本来肉食であることを考えると当たり前のことです。

しかも、人間も食べられるヒューマングレード。

猫にとって高タンパクなフードは非常に重要で、このカナガンとオリジンはその要求に応えるために綿密に計算されています。

高品質なタンパク源からの栄養は、猫の筋肉の発達や皮膚や被毛の健康に役立ちます。

さらに、タンパク質は猫の免疫機能や消化システムの正常な機能にも関わります。

また、動物性原料は猫にとって消化に優しく、体の機能を維持するために必要になる必須アミノ酸も多く含まれるので理想的です。

このように動物性原料から良質なタンパク質を採れるカナガンやオリジンは非常に優れたキャットフードと言えるでしょう。

「カナガン」と「オリジン」を主成分で比較!

カナガン チキン カナガン サーモン オリジン
タンパク質 34%以上 34%以上 40.0%以上
脂質 16.7%以上 14.8%以上 20.0%以上
繊維 3.25%以下 3.25%以下 3.0%以下
灰分 10.7%以下 10.2%以下 8.0%以下
水分 8%以下 8%以下 10.0%以下
オメガ3脂肪酸 0.82% 3.1% 1.0%以上
オメガ6脂肪酸 1.58% 0.8% 3.1%以上
リン 1.1% 1% 1.1%以上
カルシウム 1.58% 1.4% 1.4%以上
マグネシウム 0.1%以下
代謝エネルギー 405kcal/100g 398kcal/100g 416.5kcal/100g

タンパク質はオリジンキャットフードが多いですね。

脂質・カロリーもオリジンの方が高いです。なので与えすぎると肥満の原因となるので注意してください。さらに、オリジンは栄養価が高すぎるので腎臓などに疾患を持っている猫に与えるのも注意が必要です。

灰分が低いということは消化吸収しやすいということです。

また3つともに必須脂肪酸でDHA・EPAを含むオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸が含まれているのもいいポイントです。その量もオリジンが一番多いですね。

「カナガンキャットフード」をおすすめの方はこんな人!

○

  • 猫が消化しやすいグレインフリーのキャットフードを選びたい方
  • 人間も食べられるヒューマングレードの素材を使ったキャットフードを求める方
  • 原材料にこだわったキャットフードをお探しの方
  • 子猫からシニア猫まで幅広く対応しているキャットフードを選びたい方
  • 安心・安全なキャットフードが欲しい方

カナガンの公式サイトはこちら

「オリジンキャットフード」をおすすめの方はこんな人!

○

  • 動物性原材料をふんだんに使ったフードが良い方
  • 高タンパクなキャットフードをお探しの方
  • 猫が消化しやすいグレインフリーのキャットフードを選びたい方
  • 人間も食べられるヒューマングレードの素材を使ったキャットフードを求める方
  • 安心・安全なキャットフードが欲しい方

オリジンの公式サイトはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のキャットフード「カナガン」と「オリジン」の違いを5つご紹介してきました。

カナガンとオリジンは結構比較して検討する方も多いのですが、実は「カナガンデンタル」と「犬猫生活」で比較する方も多いんです。

詳しくは「カナガンデンタルキャットフードと犬猫生活キャットフードを5つの項目で比較!」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました