「ねこひかりキャットフード」と「セレクトバランスキャットフード」を5つの項目で比較!

PR

猫 キャットフード

人気のキャットフードである「ねこひかりキャットフード」と「セレクトバランス グレインフリーキャットフード」を5つの項目で比較してみました。

今回は、キャットフードを購入する際に目安となる「1.基本情報」「2.価格」「3.安全性」「4.動物性原料」「5.主成分」を徹底比較しています。両者の良いところ悪いところを包み隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

「ねこひかりキャットフード」と「セレクトバランス グレインフリーキャットフード」を5つの項目で比較しました!

1.基本情報で比較 原産国や販売会社などで比較しました。
2.料金で比較 通常、定期コース、送料などの料金で比較してみました。
3.安全性で比較 穀物や人工添加物が入っていないか比較しました。
4.動物性原料で比較 フードにどれくらい動物性原料が使われているか比較しました。
5.主成分で比較 タンパク質や脂質など成分を比較しました。

上記の5つの項目で、ねこひかりキャットフードとセレクトバランス グレインフリーキャットフードを比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

「ねこひかり」と「セレクトバランス グレインフリー」を基本情報で比較!

ねこひかりキャットフード セレクトバランス グレインフリー
原産国 日本 アメリカ
種類 1種類 ・~4ヶ月の子猫・母猫用
・~12ヶ月の子猫・母猫用
・1才以上の成猫用
・成猫の体重管理用
・7才以上の成猫の健康維持
(味はすべてチキンです)
※今回は「セレクトバランス グレインフリー 成猫用 チキン」で比較します
対応年齢 成猫 成猫
販売会社 株式会社エレメントパートナーズ 株式会社ベッツ・チョイス・ジャパン

ねこひかりは人間が食べる雑穀米や加工食品などを作っている⼯場で⽣産されています。

製造業として最も大切で基本である「安全」「安心」なものを届けるために、徹底した衛生管理・品質管理のもと、国産無添加キャットフードねこひかりを製造しています。

一方、セレクトバランス グレインフリーは日本の猫向けに皮膚や健康に配慮して調整されたレシピによりアメリカで製造されています。猫の食いつきも良いという口コミも多く評判がいいです。

猫に合うか合わないかを考えるとねこひかりが1種類、セレクトバランス グレインフリーには成猫用は2種類あるのでどれかを好きになってくれたらいいですね。

どれか2種類以上に食いつきが良かったら混ぜることもできますし、ローテーションに加えてもいいと思います。

セレクトバランスには赤ちゃん猫用や子猫用がありますからフードの切り替えの時期にもセレクトバランス同士ならスムーズに移行できるかもしれませんね。

ねこひかりとセレクトバランス グレインフリーを価格で比較!

税込み ねこひかりキャットフード セレクトバランス グレインフリー
内容量 500g
通常 2,728円 1.6kg:3,575円(amazon)
定期 初回:2,178円、3回目から10%OFF、6回目から15%OFF なし
100g当たり 496円 223.4
送料 660円
※3個以上で送料無料
通常配送無料(amazon)

※100g当たりの価格は通常価格から算出しました(定期やトライアル、初回限定などで安くなる場合もあります)。

ねこひかりはお高いですね。

ねこひかりは原材料にもすごくこだわっていてほぼ100%国産の厳選されたものを使っているんです。その分、お値段が高くなるのかもしれません。

「ねこひかり」と「セレクトバランス グレインフリー」を安全性で比較!

ねこひかり セレクトバランス グレインフリー
穀物 玄米
大麦
ハト麦
アワ
キビ
とうもろこし
不使用
人工保存料 不使用 不使用
香料 不使用 不使用
着色料 不使用 不使用

セレクトバランスはグレインフリー(穀物不使用)で、猫が消化しにくく、アレルギーになりやすい穀物は含まれていません。

残念ながら「ねこひかり」はグレインフリーではありません。穀物をたっぷり使ってます。第一主原料である鶏肉に次いで玄米が2番目に多く使われています。

穀物は猫にとって消化しにくく腸に負担がかかるため最近のプレミアムキャットフードには含まれないことが多いですけどね。

しかし、ねこひかりは消化しやすいように穀物類は全てパウダー状に加工して使用しているので安心してください。

また、最もアレルギーになりやすいと言われている小麦は使用していません。

一方、セレクトバランス グレインフリーはミネラル成分とアミノ酸バランスを調整することで尿pHを管理し尿石を形成しにくくしていますし、お腹の健康維持に配慮して腸内フローラの善玉菌を増やす乳酸菌(EC-12)とオリゴ糖を配合するなど猫の健康に配慮しています。

また、どちらのフードも人工保存料、香料、着色料も不使用なので安心して猫に与えられます。

「ねこひかり」と「セレクトバランス グレインフリー」を動物性原料で比較!

ねこひかり セレクトバランス グレインフリー
動物性原料 鶏肉(鹿児島)、煮干し(大分) チキン、乾燥チキン
動物性原料の量
動物性原料の質 ヒューマングレード 良質

ねこひかりキャットフードもセレクトバランス グレインフリーキャットフードも動物性原料が第一主原料になっています。

この2つのキャットフードの「動物性原材料を第一主原料とする」ということは猫が本来肉食であることを考えると当たり前です。

動物性原材料から得られるタンパク質は重要な栄養素であり、ねこひかりキャットフードもセレクトバランスグレインフリーキャットフードもその点に配慮しています。

また、動物性原料は猫にとって消化に優しく、体の機能を維持するために必要になる必須アミノ酸も多く含まれるので理想的です。

しかも、ねこひかりに使われている原材料は人間も食べることができるヒューマングレードで高品質です。

セレクトバランスの原材料は「良質」と書かれてますがヒューマングレードではありませんし、動物性原材料の割合も明記されていませんでした。

「ねこひかり」と「セレクトバランス グレインフリー」を主成分で比較!

ねこひかり セレクトバランス グレインフリー
タンパク質 32.4%以上 30.0%以上
脂質 13.5%以上 15.0%以上
繊維 1.9%以下 4.0%以下
灰分 4.7%以下 5.5%以下
水分 7.0%以下 8.5%以下
オメガ3脂肪酸
オメガ6脂肪酸
代謝エネルギー 424kcal/100g 約365kcal/100g

タンパク質の量はねこひかりの方がわずかに高い数値ですが、セレクトバランスも高タンパクといえます。
※最近の研究では、猫本来の食性を考えるとより高い割合でタンパク質が必要だといわれています

猫にとって高タンパクなフードは非常に重要で、高品質なタンパク源からの栄養は、猫の筋肉の発達や皮膚や被毛の健康などに役立ち、猫の免疫機能や消化システムの正常な機能にも関わります。

動物性原料から良質なタンパク質を採れるキャットフードは非常に優れていると言えます。

また、セレクトバランスには必須脂肪酸でDHA・EPAを含むオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸が含まれているのもいいポイントです。

※量は分かりませんでしたが、セレクトバランスには鶏油とサーモンオイルでオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸が配合されていますし、ねこひかりにはオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の表記自体がありませんでした

これらは猫の皮膚や被毛を健やかにし、心臓などの循環器への負担を減らしたり、シニア猫によく見られる慢性腎臓病の場合に腎臓の機能が低下するスピードを緩やかにすることが分かっています。

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は体内では生成できないので食事から採らなければなりません。

ねこひかりキャットフードはカロリーが高めなので与えすぎには注意してください。

一般的なドライフードは食いつきを良くするために人工的な香料で風味づけされたり、匂いがきつい動物性油脂を使用したオイルコーティングをされていることが多いです。

それによって涙やけや皮膚トラブル、アレルギーを引き起こすリスクもあります。

ねこひかりは国産で新鮮ですし、猫の健康をいちばんに考え自然素材にこだわっているため、オイルコーティングはしていません。

ですが、レビューを調べてみると「香りがいい」「和風だしのような匂い」などという口コミが多く愛猫の食いつきもいいそうですよ。

「ねこひかりキャットフード」をおすすめの方はこんな人!

○

  • 国産のキャットフードを与えたい方
  • 食いつきのいいキャットフードをお探しの方
  • 人間でも食べられるヒューマングレードの原材料を使ったフードを選びたい方
  • 粒が小さくて歯ごたえの良いドライフードをお求めの方
  • 無添加で安心・安全なキャットフードを与えたい方
  • オイルコーティングしていないドライフードが良い方

ねこひかりの公式サイトはこちら

「セレクトバランス グレインフリー 成猫用 チキン」をおすすめの方はこんな人!

○

  • 室内飼いが多い日本の猫用に配合されたフードをお探しの方
  • コスパの良いキャットフードを愛猫に与えたい方
  • 動物性原材料が第一主原料であるフードが良い方
  • グレインフリーのキャットフードを選びたい方
  • 猫の健康に配慮したキャットフードをお求め方
  • 無添加で安心・安全なキャットフードが欲しい方

セレクトバランス グレインフリー 成猫用 チキンの公式サイトはこちら

しろねこの独断チェック!

ねこひかりの「国産・無添加」というのはなんだか誇らしいですね。

涙やけや皮膚トラブル、アレルギーを引き起こすリスクもあるオイルコーティングをしていないというのもいいポイントです。

それなのに、口コミでは「香りがいい」「食いつきがいい」というものが多く、珍しく「食べなかった」というのを見かけませんでした。

ただ、パウダー状に加工しているとはいえ穀物をたっぷり使ってるのはちょっと気になります。消化には良くてもアレルギーを持ってる猫さんなら食べられないですから。

ねこひかりとセレクトバランス グレインフリー 成猫用 チキンを比較しておすすめするのは難しいですね。

コストで選ぶならセレクトバランスになります。

セレクトバランスはこのお値段でグレインフリーですし、品質には問題ないと思いますよ。

口コミ・評判はこちら

>>ねこひかりキャットフードの口コミ

>>セレクトバランス グレインフリーの口コミ

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のキャットフード「ねこひかり」と「セレクトバランス グレインフリー」の違いを5つご紹介してきました。

ねこひかりとセレクトバランス グレインフリーは結構比較して検討する方も多いのですが、人気の「ねこひかり」と「犬猫生活」で比較する方もいらっしゃいます。

詳しくは「ねこひかりキャットフードと犬猫生活キャットフードを5つの項目で比較!」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました