「ジャガーキャットフード」と「ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用」を5つの項目で比較!

PR

猫 キャットフード

人気のキャットフードである「ジャガーキャットフード」と「ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用キャットフード」を5つの項目で比較してみました。

今回は、キャットフードを購入する際に目安となる「1.基本情報」「2.価格」「3.安全性」「4.動物性原料」「5.主成分」を徹底比較しています。両者の良いところ悪いところを包み隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

「ジャガーキャットフード」と「ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用キャットフード」を5つの項目で比較しました!

1.基本情報で比較 原産国や販売会社などで比較しました。
2.料金で比較 通常、定期コース、送料などの料金で比較してみました。
3.安全性で比較 穀物や人工添加物が入っていないか比較しました。
4.動物性原料で比較 フードにどれくらい動物性原料が使われているか比較しました。
5.主成分で比較 タンパク質や脂質など成分を比較しました。

上記の5つの項目で、ジャガーキャットフードとウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用キャットフードを比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

「ジャガー」と「ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用」を基本情報で比較!

ジャガーキャットフード ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用
原産国 イギリス アメリカ
種類 1種類 7種類
・子猫用
・成猫用 オリジナル
・室内猫用
・体重管理用
・骨抜き七面鳥
・骨抜きチキン
・サーモン
※今回は「ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用 オリジナル」で比較します
対応年齢 全年齢 成猫
販売会社 株式会社レティシアン ウェルネス

ジャガーキャットフードはイギリスで生産されており、その製造はイギリスの厳格なペットフード法規制に従っています。

イギリスはペット愛護が進んでおり、これに伴いペットフードには高い品質と安全性の基準が適用されています。ペットフードは人間の食品と同等に扱われ、その製造過程や原材料においても厳格な検査が行われています。

一方、ウェルネスのフードは、厳選された素材と栄養バランスに重点を置き、ペットの健康に特に注意しています。

特に、「ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用」シリーズは穀物を一切使用せず、代わりに高品質な動物性たんぱく質源を主成分とし、抗酸化栄養素が豊富な野菜や果物も組み合わせています。これにより、愛猫の健康をサポートするためにバランスのとれた栄養を提供しています。

さらに、ウェルネスは栄養学的な観点から、小麦やとうもろこし、着色料、香料を一切使用していないことが特徴です。これはペットフードの中でより自然な食材に焦点を当て、ペットの健康への配慮を強調しています。ウェルネスのアプローチは、ペットの食事を通じて高品質でバランスのとれた栄養を提供し、愛猫たちの健康状態をサポートします。

猫に合うか合わないかを考えるとジャガーが1種類、ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用は7種類あるのでどれかを好きになってくれたらいいですね。

どれか2種類以上に食いつきが良かったら混ぜることもできますし、ローテーションに加えてもいいと思います。

ジャガーは全年齢対応です。

これもいいことで、子猫から成猫になる時にフードを無理に変える必要がありません。

ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用には年齢別や目的別などに商品が展開されているので同じブランド内ならスムーズにフードの切り替えができると思いますよ。

ジャガーとウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用を価格で比較!

税込み ジャガーキャットフード ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用
内容量 1.5㎏ 800g
通常 5,038円 2,420円(Amazon)
定期 1個:4,534円(10%オフ)
2個以上:4,282円(15%オフ)
5個以上:4,030円(20%オフ)
2,178円(Amazon)
100g当たり 約335.9円 302.5円
送料 880円
※商品価格合計税抜10,000円以上で送料・代引き手数料が無料
注文総額2,000円以上で通常配送無料(Amazon)

※100g当たりの価格は通常価格から算出しました(定期やトライアル、初回限定などで安くなる場合もあります)。

ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用の方がわずかに安いですね。

ジャガーも厳選されたヒューマングレードの素材としっかりと管理された工程で作られているプレミアムキャットフードの割にはそんなに高いとは言えませんけど。

「ジャガー」と「ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用」を安全性で比較!

ジャガー ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用
穀物 不使用 不使用
人工保存料 不使用 不使用
香料 不使用 不使用
着色料 不使用 不使用

ジャガーキャットフードもウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用もグレインフリー(穀物不使用)で、猫が消化しにくく、アレルギーになりやすい小麦やトウモロコシなどの穀物は含まれていません。

ジャガーキャットフードの製造工場は、FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の厳格なガイドラインに従っています。

この点は消費者にとって安心の材料となります。イギリスはペット先進国の一つであり、特にペットフードに対する法規制が厳格です。

ジャガーキャットフードがイギリスで製造されていることは、その製品がイギリスの法規制に従い、高い品質と安全性が確保されていることを示しています。このような製造基準の遵守は、ペット飼い主にとって信頼性のある製品を提供してくれるポイントとなります。

一方、ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用は、グレインフリーな製品であり、アレルギーの原因とされる大豆・卵・乳製品・ヒマワリ油も一切使用していません。これにより、飼い主さんは猫の食事においてこれらの潜在的なアレルギー源を気にする必要がなく、特定の食品に敏感なペットにも適しています。

さらに、ウェルネスはペットフード公正取引協議会の分析試験により成猫期の総合栄養食の基準を満たすことが確認されています。また、AAFCO(米国飼料検査官協会)の分析試験の結果により、成猫期の健康維持の基準も満たしていることが証明されています。

これは栄養バランスが取れた製品であり、ペットの成猫期において必要な栄養素が適切に配合されていることを示しています。飼い主さんは、これらの結果に基づいて安心してウェルネスコアを選ぶことができます。

また、どちらのフードも人工保存料、香料、着色料も不使用なので安心して猫に与えられます。

「ジャガー」と「ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用」を動物性原料で比較!

ジャガー ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用
動物性原料 肉類(チキン生肉、乾燥チキン、乾燥鴨肉、チキンレバー、鴨生肉)、魚類(生サーモン、生マス 骨抜き七面鳥、骨抜きチキン、七面鳥ミール、チキンミール、ニシンミール、鶏脂、チキンエキス、サーモン油
動物性原料の量 80%
動物性原料の質 ヒューマングレード 良質

ジャガーキャットフードもウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用キャットフードも動物性原料が第一主原料になっていて、ジャガーの場合はその動物性原料がたっぷりと80%も使われています。
(ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用には安価なキャットフードによく使われる、食べられない部位を砕いた「○○ミール」も見られますが、ウェルネスの「○○ミール」は肉や魚を完全に乾燥させて水分を取り除き加工されたもので安全ですし、高吸収率のタンパク質と脂肪源となります。)

動物性原料を第一主原料とすることは、猫が本来肉食であることを考慮した合理的な選択であり、ジャガーキャットフードとウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用キャットフードの両方がこの原則に配慮しています。

動物性原材料から得られるタンパク質は、猫にとって重要な栄養素であり、肉類や魚類からのアミノ酸も猫の体の健康維持に不可欠です。

また、動物性原料は猫の消化に優しく、必須アミノ酸を多く含むため、理想的な食材とされています。

ジャガーキャットフードやウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用キャットフードがこの原則に従っていることは、ペットの健康に対する配慮を示しています。

さらに、ジャガーに使われている動物性原材料は、人間も食べることができるヒューマングレードで高品質な肉類と魚類です。

ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用の原材料は「良質」と書かれてますがヒューマングレードではありませんし、動物性原材料の割合も明記されていませんでした。

「ジャガー」と「ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用」を主成分で比較!

ジャガー ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用
タンパク質 37%以上 45.0%以上
脂質 14.88%以上 18.0%以上
繊維 5.25%以下 3.0%以下
灰分 10.13%以下 10.0%以下
水分 8%以下 10.0%以下
オメガ3脂肪酸 1.4% 1.25%以上
オメガ6脂肪酸 3.0% 4.75%以上
リン 1.58% 1.6%以下
代謝エネルギー 387.5kcal/100g 約397kcal/100g

タンパク質はウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用が圧倒的に高い数値ですね。ジャガーも十分に高い数値ですけど、45%なんてめったにありません。
※最近の研究では、猫本来の食性を考えるとより高い割合でタンパク質が必要だといわれています

高タンパクなフードは猫にとって非常に重要であり、高品質なタンパク源からの栄養は猫の筋肉の発達や皮膚・被毛の健康に寄与します。

同時に、免疫機能や消化システムの正常な機能にも影響を与えます。

ジャガーキャットフードとウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用の両方が、動物性原料から良質なタンパク質を提供していることは、ペットの栄養面での優れた選択肢と言えます。

また、両製品に含まれている必須脂肪酸であるDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)を含むオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸も重要なポイントです。

これらの脂肪酸は、猫の皮膚や被毛を健康に保ち、心臓などの循環器系に負担を軽減する役割を果たすとともに、シニア猫の慢性腎臓病などで腎臓の機能低下を抑制することが示されています。

重要なのは、これらの栄養素は猫の体内で生成されないため、食事から十分に摂取される必要がある点です。

ジャガーキャットフードとウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用がこれらの栄養素を含んでいることは、ペットの総合的な健康を考える上で良好な特徴と言えます。

「ジャガーキャットフード」をおすすめの方はこんな人!

○

  • 動物性原材料が豊富で高品質のキャットフードを与えたい方
  • ヒューマングレードの原材料で作られているフードが欲しい方
  • 猫が消化しやすいグレインフリーのキャットフードが良い方
  • 無添加で安心・安全なキャットフードをお探しの方
  • 子猫からシニア猫まで幅広く対応しているキャットフードを選びたい方

ジャガーの公式サイトはこちら

「ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用」をおすすめの方はこんな人!

○

  • 猫の健康に重要なタンパク質が多く含まれているフードをお求めの方
  • 動物性原材料が第一主原料であるフードが良い方
  • グレインフリーのキャットフードを選びたい方
  • 猫の健康に配慮したキャットフードをお求め方
  • 無添加で安心・安全なキャットフードが欲しい方

ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用の公式サイトはこちら

しろねこの独断チェック!

ジャガーとウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用オリジナルを比較しておすすめするなら、メインとなる動物性原材料の質や量を含め、FEDIAF(欧州ペットフード工業連合)の厳しい基準を全てクリアしているジャガーです。

ジャガーの動物性原材料の量80%はすごいと思いますね。

もちろんこれはいいことで、ジャガーキャットフードは猫さん本来の食事に近づけたというのも分かりますし、高品質な動物性タンパク質を猫さんが採ることができます。

それでいてジャガーのカロリーは低めに抑えられている点もいいポイントでしょう。

ジャガーはプレミアムキャットフードの中でも優秀だと思います。

タンパク質の含有量で選ぶならウェルネスコアになりますね。

とにかく高タンパクです。

さらにグレインフリーですし、品質も良いと思いますよ。

口コミ・評判はこちら

>>ジャガーキャットフードの口コミ

>>ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用の口コミ

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のキャットフード「ジャガー」と「ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用」の違いを5つご紹介してきました。

ジャガーとウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用は結構比較して検討する方も多いのですが、人気の「ジャガー」と「アランズナチュラル」で比較する方もいらっしゃいます。

詳しくは「ジャガーキャットフードとアランズナチュラルキャットフードを5つの項目で比較!」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました