「犬猫生活キャットフード」と「ブラバンソンヌキャットフード」を5つの項目で比較!

PR

猫 キャットフード

人気のプレミアムキャットフードである「犬猫生活キャットフード」と「ブラバンソンヌキャットフード」を5つの項目で比較してみました。

今回は、キャットフードを購入する際に目安となる「1.基本情報」「2.価格」「3.安全性」「4.動物性原料」「5.主成分」を徹底比較しています。両者の良いところ悪いところ包み隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

「犬猫生活キャットフード」と「ブラバンソンヌキャットフード」を5つの項目で比較しました!

1.基本情報で比較 原産国や販売会社などで比較しました。
2.料金で比較 通常、定期コース、送料などの料金で比較してみました。
3.安全性で比較 穀物や人工添加物が入っていないか比較しました。
4.動物性原料で比較 フードにどれくらい動物性原料が使われているか比較しました。
5.主成分で比較 タンパク質や脂質など成分を比較しました。

上記の5つの項目で、犬猫生活キャットフードとブラバンソンヌキャットフードを比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

「犬猫生活」と「ブラバンソンヌ」を基本情報で比較!

犬猫生活キャットフード ブラバンソンヌキャットフード
原産国 日本 ベルギー
種類 ・国産の生鶏肉
・金沢港の朝獲れ魚
・子猫用チキン
・成猫用チキン
・成猫用オーシャンフィッシュ
・消化器サポート全年齢
・シニア猫用エイジングケア
対応年齢 全年齢 種類により対応
販売会社 犬猫生活株式会社 Suga Japan 株式会社

犬猫生活は国産のフード作りに「世界一を目指す」というほどこだわっていて素材や製法など独自の厳格な基準を持っています。

もちろんベルギー産のブラバンソンヌもフード作りにはこだわっていて厳選されたヒューマングレードの原材料や製法など独自の基準を設けています。

ブラバンソンヌはペットの生涯を通して苦しみを軽減させると決めて、食生活から改善できる消化器への負担などの一般的なペットのトラブルに取り組むため開発されました。

消化器への負担はさまざまな一般的トラブルを引き起こす原因であり、消化器をケアすることで病気になりにくい身体を作ることができると考え獣医師とともにレシピを開発しています。

また、ブラバンソンヌはFEDIAF(欧州ペットフード工業会連)の栄養基準を満たしています。

猫に合うか合わないかを考えると犬猫生活が2種類ありますし、ブラバンソンヌも加えるともっと増えるのでどれかを好きになってくれたらいいですね。

どれか2種類に食いつきが良かったら混ぜることもできますし、ローテーションに加えてもいいと思います。

犬猫生活は全年齢対応です。

これもいいことで、子猫から成猫になる時にフードを無理に変える必要がありません。犬猫生活は良いフードですから何歳でも必要な栄養はしっかり採れます。

一方、ブラバンソンヌは子猫・成猫・シニア猫と分けられており、消化器サポートだけが全年齢対応になっています。

ブラバンソンヌと犬猫生活を価格で比較!

犬猫生活キャットフード ブラバンソンヌキャットフード
内容量 1.5kg(750g×2袋) 1㎏・2.5㎏
通常 6,908円 5,038円
定期 5,258円 子猫用チキン5,830円(2.5kg)
成猫3,190円(1Kg)、5,830円(2.5Kg)
消化器サポート全年齢3,410円(1kg)、6,490円(2.5kg)
シニア猫3,410円(1kg)、6,490円(2.5kg)
100g当たり 460.5 233.2
成猫用で計算
送料 660円(定期便は初回と2回目は送料無料)
※6,500円以上で送料無料
480円
※注文合計金額が税込7,000円以上の場合は無料

※100g当たりの価格は通常価格から算出しました(定期やトライアル、初回限定などで安くなる場合もあります)。

価格は犬猫生活の方が高いですね。定期だったらだいぶお得になるんですけど。

ただし、犬猫生活さんは犬や猫の保護活動をしており「一般財団法人 犬猫生活福祉財団」という財団を作って殺処分ゼロを目指した活動を行ってます。そのために犬猫生活で得た利益の20%を財団に寄付しています。

ですから、犬猫生活のフードを購入すれば、保護活動に参加している気分になれますよ。

「ブラバンソンヌ」と「犬猫生活」を安全性で比較!

犬猫生活キャットフード ブラバンソンヌキャットフード
穀物 不使用
玄米
白米
人工保存料 不使用 不使用
香料 不使用 不使用
着色料 不使用 不使用

犬猫生活キャットフードはグレインフリー(穀物不使用)で、猫が消化しにくく、アレルギーになりやすい小麦やトウモロコシなども含まれていません。

また、人工保存料、香料、着色料も不使用なので安心して猫に与えられます。

さらに、犬猫生活はFAMIC(独⽴⾏政法⼈ 農林⽔産消費安全技術センター)の厳しい基準をクリアした、国内のペットフード製造基準適合認定⼯場で⽣産されています。

一方、ブラバンソンヌキャットフードには穀物がたっぷり使われています。

第二原材料までに使われており、「消化器サポート全年齢」においては第一主原料が白米です。

近年はアレルギーの出やすい小麦だけでなくあらゆる穀物を使わない流れになってきているんですけどね。

しかし、ブラバンソンヌは獣医師がレシピ開発に関わっていますし、厳しいことで有名なFEDIAF(欧州ペットフード工業会連)の栄養基準を満たしていますから、大丈夫だということなのでしょう。

「犬猫生活」と「ブラバンソンヌ」を動物性原料で比較!

国産の生鶏肉 金沢港の朝獲れ魚 成猫チキン 成猫用オーシャンフィッシュ
動物性原料 生肉(鶏肉(日本)、牛肉(ニュージーランド、オーストラリア、日本)、金沢港の朝獲れ魚(日本)、鶏レバー(日本) 金沢港の朝獲れ魚(日本) チキン 魚(サーモン、タラ、スケトウダラ、アカガレイ、ツノガレイ)
動物性原料の量
動物性原料の質 ヒューマングレード ヒューマングレード ヒューマングレード ヒューマングレード

犬猫生活キャットフードも犬猫生活ブラバンソンヌキャットフードも動物原材料はたくさん使われているはずですがパーセンテージの表記は探せませんでした。

ただし、犬猫生活、ブラバンソンヌに使われているのは人間も食べられるヒューマングレードな原材料です。

肉食性の猫にとって、動物性原材料から得られるタンパク質は重要な栄養素であり、犬猫生活もブラバンソンヌキャットフードもその点に配慮しています。

また、動物性原料は猫にとって消化に優しく、体の機能を維持するために必要になる必須アミノ酸なども多く含まれるので理想的といえます。

「犬猫生活」と「ブラバンソンヌ」を主成分で比較!

国産の生鶏肉 金沢港の朝獲れ魚 成猫チキン 成猫オーシャンフィッシュ
タンパク質 31%以上 30%以上 29%以上 29%以上
脂質 15%以上 12%以上 16%以上 18%以上
繊維 3%以下 3%以下 3.5%以下 3%以下
灰分 9%以下 7%以下 7.5%以下 7.5%以下
水分 10%以下 10%以下 9%以下 9%以下
オメガ3脂肪酸 0.58% 0.55% 0.78%以上 1.1%以上
オメガ6脂肪酸 1.95% 0.88% 2.72%以上 2.28%以上
リン 1.08% 0.8% 0.7% 0.7%
マグネシウム 0.13% 0.10%
代謝エネルギー
/100g
373kcal 360kcal 379kcal 428kcal

カロリーは犬猫生活もブラバンソンヌも同じくらいですね。少し犬猫生活が低いです。

犬猫生活のカリカリには猫が食いつきやすくなるようなオイルコーティングがされていません。触ってみるとサラサラしています。このことがカロリーを低めにしているのかは分かりませんが、犬猫生活さんは猫にとって不要なことは一切しないという信念を持ってます。

さらに、犬猫生活は、AAFCO(米国飼料検査官協会)で定められている、マグネシウムが最低でもキャットフードには0.04%含まれないといけないという量をクリアしてます。

ブラバンソンヌもFEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の厳しいガイドラインを遵守した施設にて製造されてるので、成分面でも条件を当然クリアしているはずですが、詳細な表記を見付けることができませんでした。

「犬猫生活」をおすすめの方はこんな人!

○

  • 国産のキャットフードを愛猫に与えたい方
  • 犬や猫の保護活動にささやかでも参加したい方
  • 猫が消化しやすいグレインフリーのキャットフードを選びたい方
  • 人間も食べられるヒューマングレードの素材を使ったキャットフードをお求めの方
  • 原材料にこだわったキャットフードをお探しの方
  • 子猫からシニア猫まで幅広く対応しているキャットフードを選びたい方
  • 安心・安全なキャットフードが欲しい方

犬猫生活の公式サイトはこちら

「ブラバンソンヌ」をおすすめの方はこんな人!

○

  • 消化器や関節など猫の身体に気を付けたい方
  • 人間でも食べられるヒューマングレードの原材料を使ったフードをお求めの方
  • 子猫からシニア猫までステージごとに対応しているキャットフードを選びたい方
  • 無添加で安心・安全なキャットフードが欲しい方
  • 食いつきのいいキャットフードをお探しの方

ブラバンソンヌの公式サイトはこちら

しろねこの独断チェック!

ブラバンソンヌはできるだけ胃腸に負担のかからない食事が大事だという考えを基に、特に消化器ケアに重点を置いてレシピを開発してしてるんですよね。

それは良い事だと思うんですが、穀物をたっぷり使ってますからグレインフリーではありません。お値段が安いのもそういうことが影響してるのかな?

それでもFEDIAF(欧州ペットフード工業会連)の栄養基準を満たしていますから品質には問題ないんでしょう。

また、タンパク質量も物足りないです。

穀物に全くアレルギーがない猫さんには試してみてもいいかもしれませんけどおすすめするなら犬猫生活になりますね。

犬猫生活は前澤友作さんのMZDAOで応援されるようになってから大人気です。

ヒューマングレード、グレインフリーと品質もいいですし、犬猫生活さんの殺処分ゼロを目指した活動をしているという姿勢に賛同し参加したい方は犬猫生活キャットフードをお選びください。

口コミ・評判はこちら

>>犬猫生活の口コミ

>>ブラバンソンヌの口コミ

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のキャットフード「犬猫生活キャットフード」と「ブラバンソンヌキャットフード」の違いを5つご紹介してきました。

犬猫生活とブラバンソンヌは結構比較して検討する方も多いのですが、実は「犬猫生活」と「ファインペッツ」で比較する方も多いんです。

詳しくは「犬猫生活キャットフードとファインペッツキャットフードを5つの項目で比較!」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました