「カナガンキャットフード」と「ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用キャットフード」を5つの項目で比較!

PR

猫 キャットフード

人気のキャットフードである「カナガンキャットフード」と「ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用 オリジナル キャットフード」を5つの項目で比較してみました。

今回は、キャットフードを購入する際に目安となる「1.基本情報」「2.価格」「3.安全性」「4.動物性原料」「5.主成分」を徹底比較しています。両者の良いところ悪いところを包み隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

「カナガンキャットフード」と「ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用キャットフード」を5つの項目で比較しました!

1.基本情報で比較 原産国や販売会社などで比較しました。
2.料金で比較 通常、定期コース、送料などの料金で比較してみました。
3.安全性で比較 穀物や人工添加物が入っていないか比較しました。
4.動物性原料で比較 フードにどれくらい動物性原料が使われているか比較しました。
5.主成分で比較 タンパク質や脂質など成分を比較しました。

上記の5つの項目で、カナガンキャットフードとウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用キャットフードを比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

「カナガン」と「ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用」を基本情報で比較!

カナガンキャットフード ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用
原産国 イギリス アメリカ
種類 ・チキン
・サーモン
7種類
・子猫用
・成猫用 オリジナル
・室内猫用
・体重管理用
・骨抜き七面鳥
・骨抜きチキン
・サーモン
※今回は「ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用 オリジナル」で比較します
対応年齢 全年齢 成猫
販売会社 株式会社レティシアン ウェルネス

カナガンキャットフードはペット愛護先進国であるイギリスで製造されています。

当然カナガンはイギリスで設けられているペットの食事も人間同様に厳しい管理基準を満たしているものすごく安全なフードだといえます。

一方、ウェルネスのフードは厳選素材とバランスにこだわりを持ちペットの健康にこだわっています。またウェルネスは、栄養学的観点から小麦、とうもろこし、そして、着色料、香料は一切使用していません。中でも「ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用」シリーズは穀物を使わず、高品質の動物性たんぱく質源を第一原材料とし、抗酸化栄養素が豊富な野菜や果物を配合し、バランスのとれた栄養で愛猫の健康をサポートします。

猫に合うか合わないかを考えるとカナガンが2種類ありますし、ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用は7種類もあるのでどれかを好きになってくれたらいいですね。

どれか2種類以上に食いつきが良かったら混ぜることもできますし、ローテーションに加えてもいいと思います。

カナガンは全年齢対応です。

これもいいことで、子猫から成猫になる時にフードを無理に変える必要がありません。

ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用には年齢別や目的別などに商品が展開されているので同じブランド内ならスムーズにフードの切り替えができると思いますよ。

カナガンとウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用を価格で比較!

税込み カナガンキャットフード ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用
内容量 1.5㎏ 800g
通常 5,038円 2,420円(Amazon)
定期 1個:4,534円(10%オフ)
2個以上:4,282円(15%オフ)
5個以上:4,030円(20%オフ)
2,178円(Amazon)
100g当たり 約335.9円 302.5
送料 880円
※商品価格合計税抜10,000円以上で送料・代引き手数料が無料
注文総額2,000円以上で通常配送無料

※100g当たりの価格は通常価格から算出しました(定期やトライアル、初回限定などで安くなる場合もあります)。

カナガンはもちろんですが、ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用もプレミアムキャットフード並みのお値段ですね。

「カナガン」と「ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用」を安全性で比較!

カナガンキャットフード ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用
穀物 不使用 不使用
人工保存料 不使用 不使用
香料 不使用 不使用
着色料 不使用 不使用

カナガンもウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用グレインフリー(穀物不使用)で、猫が消化しにくく、アレルギーになりやすい小麦やトウモロコシなどの穀物は含まれていません。

さらにカナガンは、イギリスのFEDIAF(欧州ペットフード工業連合)のガイドラインを遵守した工場で製造されています。イギリスはペット先進国の一つであり、ペットフードに対する法規制は厳格で、ペットフードは人間の食品と同等に扱われ、品質と安全性に関する厳しい基準が設けられています。

カナガンキャットフードがイギリスで製造されているということは、その製品がイギリスの法規制に従って製造され、品質と安全性が確保されていることを意味します。

一方、ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用はグレインフリーですし、その他にもアレルギーの原因として多くあげられる大豆・卵・乳製品・ヒマワリ油は一切使用していません。

さらに、ペットフード公正取引協議会の定める分析試験により成猫期の総合栄養食の基準を満たすことと、AAFCO(米国飼料検査官協会)の定める分析試験の結果、成猫期の健康維持の基準を満たすことが証明された栄養バランスのとれた製品です。

また、どちらのフードも人工保存料、香料、着色料も不使用なので安心して猫に与えられます。

「カナガン」と「ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用」を動物性原料で比較!

カナガン チキン カナガン サーモン ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用
動物性原料 乾燥チキン 35.5%、チキン生肉 25%、乾燥卵 4%、チキングレイビー 2.3% 生サーモン31.5%、乾燥サーモン15%、乾燥ニシン15%、乾燥白身魚14%、生マス2.5% 骨抜き七面鳥、骨抜きチキン、七面鳥ミール、チキンミール、ニシンミール、鶏脂、チキンエキス、サーモン油
動物性原料の量 66.8% 78%
動物性原料の質 ヒューマングレード ヒューマングレード 良質

カナガンキャットフードもウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用キャットフードも動物性原料が第一主原料になっていることをはじめ、たくさん使われています。
(ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用には安いキャットフードによく使われる、食べられない部位を砕いた「○○ミール」も見られますが、ウェルネスの「○○ミール」は肉や魚を完全に乾燥させて水分を取り除き加工されたもので安全ですし、高吸収率のタンパク質と脂肪源となります。)

これは猫が本来肉食であることを考えると当たり前とも言えます。

猫にとって高タンパクなフードは非常に重要で、このカナガンとウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用はその要求に応えるために綿密に計算されています。

高品質なタンパク源からの栄養は、猫の筋肉の発達や皮膚や被毛の健康などに役立ちます。

さらに、タンパク質は猫の免疫機能や消化システムの正常な機能にも関わります。

また、動物性原料は猫にとって消化に優しく、体の機能を維持するために必要になる必須アミノ酸も多く含まれるので理想的です。

このように動物性原料から良質なタンパク質を採れるカナガンやウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用は非常に優れたキャットフードと言えるでしょう。

「カナガン」と「ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用」を主成分で比較!

カナガン チキン カナガン サーモン ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用
タンパク質 34%以上 34%以上 45.0%以上
脂質 16.7%以上 14.8%以上 18.0%以上
繊維 3.25%以下 3.25%以下 3.0%以下
灰分 10.7%以下 10.2%以下 10.0%以下
水分 8%以下 8%以下 10.0%以下
オメガ3脂肪酸 0.82% 3.1% 1.25%以上
オメガ6脂肪酸 1.58% 0.8% 4.75%以上
リン 1.1% 1% 1.6%以下
カルシウム 1.58% 1.4% 2.1%以下
代謝エネルギー 405kcal/100g 398kcal/100g 約397kcal/100g

タンパク質はウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用が圧倒的に高い数値ですね。カナガンも十分に高い方なんですけど、45%なんて見たことがありません。
※最近の研究では、猫本来の食性を考えるとより高い割合でタンパク質が必要だといわれています

タンパク質は、成長、発達、体組織の修復、消化酵素、免疫系のすべてに関わっていて、非常に重要な成分と言えます。

また3つともに必須脂肪酸でDHA・EPAを含むオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸が含まれているのもいいポイントです。

これらは皮膚や被毛を健やかにし、猫の心臓などの循環器への負担を減らしたり、シニア猫によく見られる慢性腎臓病の場合に腎臓の機能が低下するスピードを緩やかにすることが分かっています。

どちらも体内では生成できないので食事から採らなければなりません。

「カナガンキャットフード」をおすすめの方はこんな人!

○

  • 猫が消化しやすいグレインフリーのキャットフードを選びたい方
  • 人間も食べられるヒューマングレードの素材を使ったキャットフードをお求めの方
  • 原材料にこだわったキャットフードをお探しの方
  • 子猫からシニア猫まで幅広く対応しているキャットフードを選びたい方
  • 合成保存料など無添加で安心・安全なキャットフードが欲しい方

カナガンの公式サイトはこちら

「ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用 オリジナル」をおすすめの方はこんな人!

○

  • 動物性原材料が第一主原料であるフードが良い方
  • 高タンパクなキャットフードをお探しの方
  • 猫が消化しやすいグレインフリーのキャットフードを選びたい方
  • 自然素材を使ったキャットフードをお求め方
  • 無添加で安心・安全なキャットフードが欲しい方

ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用の公式サイトはこちら

しろねこの独断チェック!

総合すると動物性原材料の質や量を含め、FEDIAF(欧州ペットフード工業連合)の厳しい基準を全てクリアしていて栄養バランスも優れているカナガンをおすすめします。

ですが、ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用 オリジナルに動物性原材料が使われている割合は正確には分かりませんが、タンパク質の量から推察すると多いと思います。

そして、なによりも45%というタンパク質の量がすごい。タンパク質の量で選ぶなら間違いなく「ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用 オリジナル」になりますね。

ひとつだけ残念なのは、ペットフード公正取引協議会とAAFCO(米国飼料検査官協会)の定める分析試験をクリアしている品質なのに原材料が人間も食べられるヒューマングレードではないという点です。

口コミ・評判はこちら

>>カナガンキャットフードの口コミ

>>ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用の口コミ

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のキャットフード「カナガン」と「ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用」の違いを5つご紹介してきました。

カナガンとウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用は結構比較して検討する方も多いのですが、人気の「カナガン」と「モグニャン」で比較する方もいらっしゃいます。

詳しくは「カナガンキャットフードとモグニャンキャットフードを5つの項目で比較!」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました