「カナガンキャットフード」と「モグニャンキャットフード」を5つの項目で比較!

PR

猫 キャットフード

人気のプレミアムキャットフードである「カナガンキャットフード」と「モグニャンキャットフード」を5つの項目で比較してみました。

今回は、キャットフードを購入する際に目安となる「1.基本情報」「2.価格」「3.安全性」「4.動物性原料」「5.主成分」を徹底比較しています。両者の良いところ悪いところ包み隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

「カナガンキャットフード」と「モグニャンキャットフード」を5つの項目で比較しました!

1.基本情報で比較 原産国や販売会社などで比較しました。
2.料金で比較 通常、定期コース、送料などの料金で比較してみました。
3.安全性で比較 穀物や人工添加物が入っていないか比較しました。
4.動物性原料で比較 フードにどれくらい動物性原料が使われているか比較しました。
5.主成分で比較 タンパク質や脂質など成分を比較しました。

上記の5つの項目で、カナガンキャットフードとモグニャンキャットフードを比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

「カナガン」と「モグニャン」を基本情報で比較!

カナガンキャットフード モグニャンキャットフード
原産国 イギリス イギリス
種類 ・チキン
・サーモン
1種類
対応年齢 全年齢 全年齢
販売会社 株式会社レティシアン 株式会社レティシアン

カナガンキャットフードもモグニャンキャットフードもペット愛護先進国であるイギリスで作られています。

当然カナガンもモグニャンもイギリスで設けられているペットの食事も人間同様に厳しい管理基準を満たしているものすごく安全なフードだといえます。

猫に合うか合わないかを考えるとカナガンが2種類ありますし、モグニャンも加えると3種類あるのでどれかを好きになってくれたらいいですね。

どれか2種類に食いつきが良かったらミックスもできますし、ローテーションに加えてもいいと思います。

カナガンもモグニャンも全年齢対応です。

これもいいことで、子猫から成猫になる時にフードを無理に変える必要がありません。カナガンもモグニャンも良いフードですから何歳でも必要な栄養はしっかり採れます。

カナガンとモグニャンを価格で比較!

税込み カナガンキャットフード モグニャンキャットフード
内容量 1.5㎏ 1.5kg
通常 5,038円 5,038円
定期 1個:4,534円(10%オフ)
2個以上:4,282円(15%オフ)
5個以上:4,030円(20%オフ)
1個:4,534円(10%オフ)
2個以上:4,282円(15%オフ)
5個以上:4,030円(20%オフ)
100g当たり 約335.9円 約335.9円
送料 880円
※商品価格合計税抜10,000円以上で送料・代引き手数料が無料
880円
※商品価格合計税抜10,000円以上で送料・代引き手数料が無料

※100g当たりの価格は通常価格から算出しました(定期やトライアル、初回限定などで安くなる場合もあります)。

カナガンとモグニャンは全く同じ価格です。販売会社も同じですからね。

レティシアンという会社は海外からたくさんのプレミアムキャットフードやプレミアムドッグフードを輸入し、日本で販売しています。

当然、スタッフはキャットフードについて専門家と言ってもいいほどどんどん詳しくなっていきます。

そのスタッフから抜擢された開発チームのメンバーがイギリスのキャットフード生産工場の専門家たちと何回も打ち合わせを重ね、食いつきの良さと美味しいと感じる食感を1年以上かけて徹底的に吟味し、追及した末に誕生したのがモグニャンなんです。

日本産だと思っていた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

カナガンもモグニャンも食いついてくれるかどうかも分からないのでサンプルや初回お試しなどがあれば嬉しいですけどね。

「カナガン」と「モグニャン」を安全性で比較!

カナガンキャットフード モグニャンキャットフード
穀物 不使用 不使用
人工保存料 不使用 不使用
香料 不使用 不使用
着色料 不使用 不使用

カナガンキャットフードもモグニャンキャットフードもグレインフリー(穀物不使用)で、猫が消化しにくく、アレルギーになりやすい小麦やトウモロコシなども含まれていません。

また、人工保存料、香料、着色料も不使用なので安心して猫に与えられます。

さらにカナガンもモグニャンも、FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の厳しいガイドラインを遵守した工場にて製造されてるので一層安心できますね。

「カナガン」と「モグニャン」を動物性原料で比較!

カナガン チキン カナガン サーモン モグニャン
動物性原料 乾燥チキン 35.5%、チキン生肉 25%、乾燥卵 4%、チキングレイビー 2.3% 生サーモン31.5%、乾燥サーモン15%、乾燥ニシン15%、乾燥白身魚14%、生マス2.5% 白身魚
動物性原料の量 66.8% 78% 65%
動物性原料の質 ヒューマングレード ヒューマングレード ヒューマングレード

カナガンキャットフードもモグニャンキャットフードも動物性原料がふんだんに使われています。

これは猫が本来肉食であることを考えると当たり前のことだと思います。

しかも、カナガンの肉や魚、モグニャンの白身魚は人間も食べられるヒューマングレードです。

ですから、猫にとって欠かせない質の良いタンパク質を採ることができます。

また動物性原料は猫にとって消化に優しく、体の機能を維持するために必要になる必須アミノ酸なども多く含まれるので理想的といえます。

「カナガン」と「モグニャン」を主成分で比較!

カナガン チキン カナガン サーモン モグニャン
タンパク質 34%以上 34%以上 27%以上
脂質 16.7%以上 14.8%以上 11%%以上
繊維 3.25%以下 3.25%以下 5.25%以下
灰分 10.7%以下 10.2%以下 9.5%以下
水分 8%以下 8%以下 5%以下
NFC(炭水化物) 41%
オメガ3脂肪酸 0.82% 3.1% 2.5%
オメガ6脂肪酸 1.58% 0.8% 1.3%
リン 1.1% 1% 1.1%
カルシウム 1.58% 1.4% 1.3%
代謝エネルギー 405kcal/100g 398kcal/100g 379kcal/100g

カロリーと脂質はモグニャンキャットフードの方が低いですね。また、モグニャンの水分が少ないのは猫が好むカリカリとした食感を実現するためです。水分が少ない方が食べごたえや噛む快感があり、猫が食事を楽しむことができます。

DHAやEPAが含まれるオメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸という必須脂肪酸もカナガンにもモグニャンにもしっかり入ってますね。

「カナガンキャットフード」をおすすめの方はこんな人!

○

  • 猫が消化しやすいグレインフリーのキャットフードを選びたい方
  • 人間も食べられるヒューマングレードの素材を使ったキャットフードを求める方
  • 原材料にこだわったキャットフードをお探しの方
  • 子猫からシニア猫まで幅広く対応しているキャットフードを選びたい方
  • 無添加で安心・安全なキャットフードが欲しい方

カナガンの公式サイトはこちら

「モグニャン」をおすすめの方はこんな人!

○

  • 飼い猫が肉よりも魚のキャットフードを好む方
  • 日本人スタッフがこだわってレシピを考えたフードが良い方
  • 猫が消化しやすいグレインフリーのキャットフードを選びたい方
  • 子猫からシニア猫まで幅広く対応しているキャットフードをお求めの方
  • 無添加で安心・安全なキャットフードが欲しい方

モグニャンの公式サイトはこちら

しろねこの独断チェック!

モグニャンは日本の猫さん向けに作られたキャットフードです。

カリカリとした食感を実現するために、水分量を控えめにしたり、室内飼いの猫さんのためにカロリーを控えるなど様々なところにこだわって誕生しました。

粒も小さいですから小柄な猫さんにも向いてるんじゃないでしょうか。

総合的に見ると2つの味があり、動物性原材料の量が多いカナガンがおすすめかなあと思いますけど、モグニャンもいいフードですし、お魚好きの猫さんにはいいかもしれませんね。

口コミ・評判はこちら

>>カナガンの口コミ

>>モグニャンの口コミ

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のキャットフード「カナガン」と「モグニャン」の違いを5つご紹介してきました。

カナガンとモグニャンは結構比較して検討する方も多いのですが、実は「カナガン」と「アランズナチュラル」で比較する方も多いんです。

詳しくは「カナガンキャットフード」と「アランズナチュラルキャットフード」を5つの項目で比較!こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました