「カナガンキャットフード」と「ねこひかりキャットフード」を5つの項目で比較!

PR

猫 キャットフード

人気のプレミアムキャットフードである「カナガンキャットフード」と「ねこひかりキャットフード」を5つの項目で比較してみました。

今回は、キャットフードを購入する際に目安となる「1.基本情報」「2.価格」「3.安全性」「4.動物性原料」「5.主成分」を徹底比較しています。両者の良いところ悪いところ包み隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

「カナガンキャットフード」と「ねこひかりキャットフード」を5つの項目で比較しました!

1.基本情報で比較 原産国や販売会社などで比較しました。
2.料金で比較 通常、定期コース、送料などの料金で比較してみました。
3.安全性で比較 穀物や人工添加物が入っていないか比較しました。
4.動物性原料で比較 フードにどれくらい動物性原料が使われているか比較しました。
5.主成分で比較 タンパク質や脂質など成分を比較しました。

上記の5つの項目で、カナガンキャットフードとねこひかりキャットフードを比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

「カナガン」と「ねこひかり」を基本情報で比較!

カナガンキャットフード ねこひかりキャットフード
原産国 イギリス 日本
種類 ・チキン
・サーモン
1種類
対応年齢 全年齢 成猫
販売会社 株式会社レティシアン 株式会社エレメントパートナーズ

カナガンキャットフードはペット愛護先進国であるイギリスで作られています。

当然カナガンはイギリスで設けられているペットの食事も人間同様に厳しい管理基準を満たしているものすごく安全なフードだといえます。

もちろんねこひかりもフード作りにはこだわっていて厳選された国産の素材や製法など独自の基準を持っています。

猫に合うか合わないかを考えるとカナガンが2種類ありますし、ねこひかりも加えると3種類あるのでどれかを好きになってくれたらいいですね。

どれか2種類に食いつきが良かったら混ぜることもできますし、ローテーションに加えてもいいと思います。

カナガンは全年齢対応です。

これもいいことで、子猫から成猫になる時にフードを無理に変える必要がありません。カナガンは良いフードですから何歳でも必要な栄養はしっかり採れます。

一方、ねこひかりは成猫用なので子猫には食べさせられませんのでご注意ください。

カナガンとねこひかりを価格で比較!

税込み カナガンキャットフード ねこひかりキャットフード
内容量 1.5㎏ 500g
通常 5,038円 2,728円
定期 1個:4,534円(10%オフ)
2個以上:4,282円(15%オフ)
5個以上:4,030円(20%オフ)
初回:2,178円、3回目から10%OFF、6回目から15%OFF
100g当たり 約335.9円 496
送料 880円
※商品価格合計税抜10,000円以上で送料・代引き手数料が無料
660円
※3個以上で送料無料

※100g当たりの価格は通常価格から算出しました(定期やトライアル、初回限定などで安くなる場合もあります)。

ねこひかりの方が断然高いですね。

ねこひかりも素材にこだわっていて、厳選された数十種類の原材料はほぼ100%国産のものを使ってますから。

「カナガン」と「ねこひかり」を安全性で比較!

カナガンキャットフード ねこひかりキャットフード
穀物 不使用 玄米
大麦
ハト麦
アワ
キビ
とうもろこし
人工保存料 不使用 不使用
香料 不使用 不使用
着色料 不使用 不使用

カナガンキャットフードはグレインフリー(穀物不使用)で、猫が消化しにくく、アレルギーになりやすい小麦やトウモロコシなども含まれていません。

残念ながら「ねこひかり」はグレインフリーではありません。穀物をたっぷり使ってます。第一主原料である鶏肉に次いで玄米が2番目に多く使われています。

穀物は猫にとって消化しにくく腸に負担がかかるため最近のプレミアムキャットフードには含まれないことが多いです。

しかし、ねこひかりは消化しやすいように穀物類は全てパウダー状に加工して使用しているので安心してください。

また、アレルギーの出やすい小麦や小麦粉は使用していません。

カナガンキャットフードもねこひかりキャットフードも人工保存料、香料、着色料も不使用なので安心して猫に与えられます。

さらにカナガンの製造工場は、FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の厳しいガイドラインを遵守した施設にて製造されてるので一層安心できますね。

一方、ねこひかりも人間が食べる雑穀米や加工食品などを作っている⼯場で⽣産されています。

製造業として最も大切で基本である「安全」「安心」なものを届けるために、徹底した衛生管理・品質管理のもと、国産無添加キャットフードねこひかりを製造しています。

そして、ねこひかりはアトピー症状のリスクとなったり涙やけの原因となるオイルコーティングもしていません。

「カナガン」と「ねこひかり」を動物性原料で比較!

カナガン チキン カナガン サーモン ねこひかり
動物性原料 乾燥チキン 35.5%、チキン生肉 25%、乾燥卵 4%、チキングレイビー 2.3% 生サーモン31.5%、乾燥サーモン15%、乾燥ニシン15%、乾燥白身魚14%、生マス2.5% 鶏肉(鹿児島)、煮干し(大分)
動物性原料の量 66.8 78%
動物性原料の質 ヒューマングレード ヒューマングレード ヒューマングレード

カナガンキャットフードは動物性原料がふんだんに使われています。(※ねこひかりキャットフードもたくさん使われているはずですがパーセンテージは不明です)

これは猫が本来肉食であることを考えると当たり前のことだと思います。

しかも、人間も食べられるヒューマングレード。

猫にとって欠かせない質の良いタンパク質を採ることができます。

また動物性原料は猫にとって消化に優しく、体の機能を維持するために必要になる必須アミノ酸も多く含まれるので理想的といえます。

「カナガン」と「ねこひかり」を主成分で比較!

カナガン チキン カナガン サーモン ねこひかり
タンパク質 34%以上 34%以上 32.4%以上
脂質 16.7%以上 14.8%以上 13.5%以上
繊維 3.25%以下 3.25%以下 1.9%以下
灰分 10.7%以下 10.2%以下 4.7%以下
水分 8%以下 8%以下 7.0%以下
オメガ3脂肪酸 0.82% 3.1%
オメガ6脂肪酸 1.58% 0.8%
リン 1.1% 1%
カルシウム 1.58% 1.4%
代謝エネルギー 405kcal/100g 398kcal/100g 424kcal/100g

脂質は低めですがカロリーはねこひかりキャットフードの方が高いですね。

鶏肉の量が多いんでしょうか。だとしたらタンパク質も高い数値になりそうなので違うでしょう。

室内飼いであまり運動をしない猫に与えすぎると太ってしまう可能性があるので注意が必要です。

「カナガンキャットフード」をおすすめの方はこんな人!

○

  • 猫が消化しやすいグレインフリーのキャットフードを選びたい方
  • 人間も食べられるヒューマングレードの素材を使ったキャットフードを求める方
  • 原材料にこだわったキャットフードをお探しの方
  • 子猫からシニア猫まで幅広く対応しているキャットフードを選びたい方
  • 無添加で安心・安全なキャットフードが欲しい方

カナガンの公式サイトはこちら

「ねこひかり」をおすすめの方はこんな人!

○

  • 国産のキャットフードを愛猫に与えたい方
  • 人間も食べられるヒューマングレードの原材料を使ったキャットフードをお求めの方
  • 原材料にこだわったキャットフードをお探しの方
  • 無添加で安心・安全なキャットフードが欲しい方
  • オイルコーティングをしてないキャットフードを選びたい方

ねこひかりの公式サイトはこちら

しろねこの独断チェック!

ねこひかりの「国産・無添加」というのはなんだか誇らしいですね。

涙やけや皮膚トラブル、アレルギーを引き起こすリスクもあるオイルコーティングをしていないというのもいいポイントです。

それなのに、口コミでは「香りがいい」「食いつきがいい」というものが多く、珍しく「食べなかった」というのを見かけませんでした。

ただ、パウダー状に加工しているとはいえ穀物をたっぷり使ってるのはちょっと気になります。消化には良くてもアレルギーを持ってる猫さんなら食べられないですよね。

あとは動物性原材料の量ですね。公表されてないので分かりませんがそんなに多くはないような気がします。

ちょっとお高いなあと感じるのは、ヒューマングレードの国産原材料を使ってるからでしょうね。

総合するとしろねこはカナガンをおすすめします。

口コミ・評判はこちら

>>カナガンの口コミ

>>ねこひかりの口コミ

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のキャットフード「カナガン」と「ねこひかりキャットフード」の違いを5つご紹介してきました。

カナガンとねこひかりは結構比較して検討する方も多いのですが、実は「カナガン」と「ファインペッツ」で比較する方も多いんです。

詳しくは「カナガンキャットフードとファインペッツキャットフードを5つの項目で比較!」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました