「グランツキャットフード」と「ねこひかりキャットフード」を5つの項目で比較!

PR

猫 キャットフード

人気のプレミアムキャットフードである「グランツキャットフード」と「ねこひかりキャットフード」を5つの項目で比較してみました。

今回は、キャットフードを購入する際に目安となる「1.基本情報」「2.価格」「3.安全性」「4.動物性原料」「5.主成分」を徹底比較しています。両者の良いところ悪いところ包み隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

「グランツキャットフード」と「ねこひかり」を5つの項目で比較しました!

1.基本情報で比較 原産国や販売会社などで比較しました。
2.料金で比較 通常、定期コース、送料などの料金で比較してみました。
3.安全性で比較 穀物や人工添加物が入っていないか比較しました。
4.動物性原料で比較 フードにどれくらい動物性原料が使われているか比較しました。
5.主成分で比較 タンパク質や脂質など成分を比較しました。

上記の5つの項目で、グランツキャットフードとねこひかりキャットフードを比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

「グランツ」と「ねこひかりキャットフード」を基本情報で比較!

グランツキャットフード ねこひかりキャットフード
原産国 フランス 日本
種類 ・チキン&サーモン全年齢
・チキン成猫用
・サーモン成猫用
1種類
対応年齢 全年齢・成猫 成猫
販売会社 GRANDS株式会社 株式会社エレメントパートナーズ

グランツキャットフードはペット愛護先進国であるフランスで作られています。

当然グランツはペットを愛する国フランスで設けられている「ペットの食事も人間同様に厳しい管理基準を満たさなければならない」ということを遵守したものすごく安全で優れたフードだといえます。

ねこひかりキャットフードは日本で作られています。国産のプレミアムキャットフードって珍しいです。これから増えていくんでしょうか。

猫に合うか合わないかを考えるとグランツにねこひかりも加えると4種類あるのでどれかを好きになってくれたらいいですね。

どれか2種類に食いつきが良かったら混ぜることもできますし、ローテーションに加えてもいいと思います。

しかし、グランツには全年齢対応がありますが、ねこひかりは成猫用です。なので子猫には与えられません。

成猫ならグランツもねこひかりも与えられるんですけどね。

グランツとねこひかりを価格で比較!

グランツキャットフード ねこひかりキャットフード
内容量 500g 500g
通常 ・チキン&サーモン全年齢用:2,000円
・チキン成猫用:2,000円
・サーモン成猫用:2,000円
2,728円
定期 ・チキン&サーモン全年齢用:6,000円(1.5kg)
・チキン成猫用:6,000円(1.5kg)
・サーモン成猫用:6,000円(1.5kg)
・ごちそう定期便初回:980円(送料無料)
初回:2,178円、3回目から10%OFF、6回目から15%OFF
100g当たり 400円 496円
送料 660円
※6袋(3.0kg)以上の注文で送料無料
660円
※3個以上で送料無料

※100g当たりの価格は通常価格から算出しました(定期やトライアル、初回限定などで安くなる場合もあります)。

価格はねこひかりキャットフードの方が少し高いですね。ねこひかりの原材料は厳選されたほぼ100%国産のものなので仕入れなどにコストがかかってしまうんでしょうか。

グランツキャットフードを販売しているGRANDS株式会社さんは保護猫応援プロジェクトや保護施設への寄付を行っています。企業として好感が持てますよね。

「グランツ」と「ねこひかり」を安全性で比較!

グランツキャットフード ねこひかり
穀物 不使用 玄米
大麦
ハト麦
アワ
キビ
とうもろこし
人工保存料 不使用 不使用
香料 不使用 不使用
着色料 不使用 不使用

グランツキャットフードはグレインフリー(穀物不使用)で、猫が消化しにくく、アレルギーになりやすい小麦などは含まれていません。

一方、ねこひかりには穀物がふんだんに使われているのでグレインフリーとは言えません。

ですが、消化不良をおこさないようにすべての穀物はパウダー状に細かくして使っているのでその点は安心です。アレルギーも心配ですが1番起こしやすい小麦は使われていません。

また、グランツもねこひかりも人工保存料、香料、着色料は不使用なので安心して猫に与えられます。

ねこひかりキャットフードはできる限り自然に近い食材だけを使っています。また、人間が食べる雑穀米や加工食品などを作っている⼯場で⽣産されています。

製造業として最も大切で基本である「安全」「安心」なものを届けるために、徹底した衛生管理・品質管理のもと、国産無添加キャットフードねこひかりを製造しています。

一方、グランツの製造工場も、FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の厳しいガイドラインを遵守した施設にて製造されている上に、AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準も満たしています。

「グランツ」と「ねこひかり」を動物性原料で比較!

チキン&サーモン チキン サーモン ねこひかり
動物性原料 脱水チキン 30.00%、フレッシュチキン 15.00%、脱水サーモン 14.00%、チキンファット 10.00%、チキンプロテイン 2.00%、サーモンオイル 0.80% 脱水チキン 27.00%、フレッシュチキン 25.00%、チキンファット 7.00%、チキンプロテイン 6.00%、サーモンオイル 0.80% フレッシュサーモン 25.00%、脱水サーモン 21.77%、チキンファット 5.22%、チキンプロテイン 2.00%、サーモンオイル 1.94% 鶏肉(鹿児島)、煮干し(大分)
動物性原料の量 71.8% 65.8% 55.93%
動物性原料の質 良質 良質 良質 ヒューマングレード

グランツキャットフードはチキン&サーモンに70%以上動物性原料が使われていますし、ねこひかりキャットフードも人間が食べられるヒューマングレードの肉や魚が動物性原料として使われています。

これは猫が本来肉食であることを考えると当たり前のことです。

動物性原料からは猫にとって欠かせない質の良いタンパク質を始め、様々な栄養素を採ることができます。

また動物性原料は猫にとって消化に優しく、体の機能を維持するために必要になる必須アミノ酸など多く含まれるので理想的といえます。

「グランツ」と「ねこひかり」を主成分で比較!

チキン&サーモン チキン サーモン ねこひかり
タンパク質 36.00%以上 32.00%以上 32.00%以上 32.4%以上
脂質 17.00%以上 15.00%以上 16.00%以上 13.5%以上
繊維 4.50%以下 4.50%以下 4.50%以下 1.9%以下
灰分 8.50%以下 10.00%以下 9.00%以下 4.7%以下
水分 10.00%以下 10.00%以下 10.00%以下 7.0%以下
オメガ3脂肪酸 0.50% 0.30% 1.00%
オメガ6脂肪酸 0.70% 2.00% 2.30%
リン 1.10% 1.00% 1.00%
マグネシウム 0.09% 0.06% 0.08%
代謝エネルギー/100g 361kcal 358kcal 361kcal 424kcal

カロリーはグランツが低いですね。落ち着いた成猫ならカロリーはたいして必要ありませんが、成長期の子猫などは動き回るのである程度のカロリーが必要になります。ねこひかりはカロリーが高めですが子猫用ではないので頻繁に動き回る1歳から3歳くらいの猫にはぴったりだと思います。

また、ねこひかりは国産で新鮮なのでオイルコーティングされていません。ですから、触ってみてもベタつかずさらさらです。

グランツには必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸が含まれているということもいいポイントです。DHAやEPAって聞いたことありませんか?オメガ3脂肪酸に含まれています。オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸をバランスよく採ることで体の中から健康になっていくことができます。(ねこひかりの表示は見つけられませんでした)

さらに、グランツは、AAFCO(米国飼料検査官協会)で定められている、マグネシウムが最低でもキャットフードには0.04%含まれないといけないという量をクリアしてます。(もちろんねこひかりもクリアしていると思うんですが記載を見付けられませんでした)

「グランツ」をおすすめの方はこんな人!

○

  • 高タンパク質で栄養価が高いフードをお求めの方
  • 猫が消化しやすいグレインフリーのキャットフードを選びたい方
  • 原材料にこだわったキャットフードをお探しの方
  • 子猫からシニア猫まで幅広く対応しているキャットフードを選びたい方
  • 無添加で安心・安全なキャットフードが欲しい方

グランツの公式サイトはこちら

「ねこひかり」をおすすめの方はこんな人!

○

  • 国産のプレミアムキャットフードを選びたい方
  • オイルコーティングされていないキャットフードが良い方
  • 食いつきがいいキャットフードをお探しの方
  • 人間でも食べられるヒューマングレードの原材料を使ったフードをお求めの方
  • 厳選された素材で作られ、栄養価も優れているものをお求めの方
  • 人工の着色料・保存料・香料などの添加物を使ってないものが欲しい方

ねこひかりの公式サイトはこちら

しろねこの独断チェック!

ねこひかりの「国産・無添加」というのはなんだか誇らしいですね。

両方とも涙やけや皮膚トラブル、アレルギーを引き起こすリスクもあるオイルコーティングをしていないというのもいいポイントです。

それなのに、口コミでは「香りがいい」「食いつきがいい」というものが多く、珍しく「食べなかった」というのを見かけませんでした。

ただ、ねこひかりの場合パウダー状に加工しているとはいえ穀物をたっぷり使ってるのはちょっと気になります。消化には良くてもアレルギーを持ってる猫さんなら食べられないですよね。

あとは動物性原材料の量ですね。公表されてないので分かりませんがそんなに多くはないような気がします。

ちょっとお高いかなあと感じるのは、ヒューマングレードの国産原材料を使ってるからでしょうね。

一方、グランツは良質なお肉やお魚を使っているのに製法のせいで「ヒューマングレード」と謳えないのはなんだか可哀相ですね。

でも、品質は信用できます。

試してみようかなと思った方は是非「ごちそう定期便」を利用してください。

500gのお好きな味1袋に他の味もサンプルとして無料で付いてきます。

送料無料、税込み980円という安さです。

猫さんが食べてくれなかったりしたら解約も自由にできますからお得ですよ。

ねこひかりとグランツ。どちらかをおすすめするならグランツですかね。

口コミ・評判はこちら

>>グランツの口コミ

>>ねこひかりの口コミ

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のキャットフード「グランツキャットフード」と「ねこひかりキャットフード」との違いを5つご紹介してきました。

グランツとねこひかりは結構比較して検討する方も多いのですが、実は「グランツ」と「ファインペッツ」で比較する方も多いんです。

詳しくは「グランツキャットフードとファインペッツキャットフードを5つの項目で比較!」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました