「ファインペッツキャットフード」と「オリジンキャットフード」を5つの項目で比較!

PR

猫 キャットフード

人気のプレミアムキャットフードである「ファインペッツキャットフード」と「オリジンキャットフード」を5つの項目で比較してみました。

今回は、キャットフードを購入する際に目安となる「1.基本情報」「2.価格」「3.安全性」「4.動物性原料」「5.主成分」を徹底比較しています。両者の良いところ悪いところ包み隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

「ファインペッツキャットフード」と「オリジンキャットフード」を5つの項目で比較しました!

1.基本情報で比較 原産国や販売会社などで比較しました。
2.料金で比較 通常、定期コース、送料などの料金で比較してみました。
3.安全性で比較 穀物や人工添加物が入っていないか比較しました。
4.動物性原料で比較 フードにどれくらい動物性原料が使われているか比較しました。
5.主成分で比較 タンパク質や脂質など成分を比較しました。

上記の5つの項目で、ファインペッツキャットフードとオリジンキャットフードの代表的な「オリジナルキャット」を比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

「ファインペッツ」と「オリジン」を基本情報で比較!

ファインペッツキャットフード オリジンキャットフード
原産国 オランダ カナダ
種類 1種類 7種類
※今回は「オリジナルキャット」で比較します
対応年齢 全年齢 成猫
販売会社 株式会社エヴリワンズ 株式会社トランペッツ

ペットを大切にする国オランダ産のキャットフード「ファインペッツ」は、厳選されたヒューマングレードの原材料だけを使用している安心・安全なフードです。これから紹介していきますが個人的には素材や成分を考えるとプレミアムキャットフードの中でコスパを重視した場合にはNo.1なんじゃないかと思います。

一方、世界で多くの賞を獲るほどの品質を誇るオリジンのキャットフードは、厳選した素材で生物学を基本に作られていて猫の食いつきも良いと人気があります。プレミアムフードの中でも最も有名なブランドではないでしょうか。

猫に合うか合わないかを考えるとファインペッツが1種類、オリジンには7種類もあるのでどれかを好きになってくれたらいいですね。

どれか2種類に食いつきが良かったら混ぜることもできますし、ローテーションに加えてもいいと思います。

ファインペッツは全年齢用なので子猫から成猫になる時もフードの切り替えの必要はありません。

オリジナルキャットは成猫用ですがオリジンには子猫用がありますからオリジン同士なら成猫用にスムーズに移行できるかもしれませんね。

ファインペッツとオリジンを価格で比較!

ファインペッツ オリジン オリジナルキャット
内容量 1.5kg
通常 4,546円 340g:1,760円
1.8kg:8,030円
5.4kg:19,800
定期 初回お試し3,637円(20%オフ)
20回目、30回目等の節目では、記念割引を用意(20%オフ、30%オフなど)
100回目は100%オフ(無料)!
100回目以降は、10回毎に100%オフ
「シックスフィッシュキャット」と「フィット&トリムキャット」のみ
100g当たり 303.1円 約446.1円
送料 880円
※商品価格合計税抜10,000円以上で送料・代引き手数料が無料
660円

※100g当たりの価格は通常価格から算出しました(定期やトライアル、初回限定などで安くなる場合もあります)。

100g当たり約446.1円というのは「さすがオリジン」と思える価格です。

ファインペッツも厳選された素材としっかりと管理された工程で作られているプレミアムキャットフードですし、フード作りに一切の手抜きはしていませんけど、オリジンと比べるとお得に見えてしまいますね。

「ファインペッツ」と「オリジン」を安全性で比較!

ファインペッツキャットフード オリジンキャットフード
穀物 全粒米 不使用
人工保存料 不使用 不使用
香料 不使用 不使用
着色料 不使用 不使用

オリジンキャットフードはグレインフリー(穀物不使用)で、猫が消化しにくく、アレルゲンになりやすい小麦やトウモロコシなどの穀物は一切配合されていません。

残念ながら「ファインペッツ」はグレインフリーではありません。唯一、全粒米を使っています。しかし、食事で全粒穀物を多く摂ると、精製された穀物の多い食事よりも、糖尿病や肥満、心臓病などのリスクを低く抑えられるという研究結果があります。

また、アレルギーを引き起こしやすい小麦やトウモロコシなどは使用していないグルテンフリーです。

そして、ファインペッツキャットフードもオリジンキャットフードも人工保存料、香料、着色料も不使用なので安心して猫に与えられます。

ファインペッツキャットフードは遺伝子組換作物(キャリーオーバーを含む)、放射性物質汚染原材料、重金属類汚染作物、化学的な酸化防止剤、防腐剤、着色料、着香料等を一切含みません。

また、品質管理に問題があるとの観点から、中国産原材料は一切使用していません。今後も中国産原材料を使用する予定は一切ないと言い切っています。

一方オリジンキャットフードは、レシピの開発、製品の安全性、原材料の供給、フードの調理の細部に至るまで確実に管理することが可能となる自社キッチンで製造しています。

その上、原材料の生産地、運搬手法までこだわって、「いつ」「どこで」「だれによって」飼育・漁獲・生産されたかが見えることが信頼につながると考えています。

それだけ自社の商品を製造するのに手間暇をかけることでオリジンというブランドイメージを「高品質で安全」としていてペットオーナーから信頼されてるんですね。

「ファインペッツ」と「オリジン」を動物性原料で比較!

ファインペッツ オリジン
動物性原料 アヒル肉(フランス産)、ニシン(オランダ産)、鶏脂、フレッシュサーモンオイル、鶏肉、鶏レバー 新鮮鶏肉 (20%), 生七面鳥肉 (10%), 生の丸ごとニシン (9%), 新鮮鶏内臓 (レバー, 心臓) (6%), 生の丸ごとヘイク (5%), 生 七面鳥レバー (5%), 新鮮卵(5%), ディハイドレート鶏肉 (4%), ディハイドレート七面鳥肉(4%), ディハイドレートサ バ (4%), ディハイドレートイワシ(4%), ディハイドレートニ シン (4%), 鶏脂肪 (4%),
動物性原料の量 85% 約85%
動物性原料の質 ヒューマングレード ヒューマングレード

ファインペッツキャットフードもオリジンキャットフードも動物性原料が85%とふんだんに使われています。

肉食性の猫にとって、動物性原材料から得られるタンパク質は重要な栄養素であり、ファインペッツキャットフードもオリジンキャットフードもその点に配慮しています。

猫の本来の肉食性に応えるために、ファインペッツキャットフードはアレルギー性の低い高品質のアヒル肉やニシンなど、オリジンキャットフードは新鮮な肉や魚という動物性原材料を使用しています。

この動物性原料が多いということは猫は犬と違い「完全肉食動物」ですので、猫にとって肉を食べることは必要不可欠なんです。

しかも、ファインペッツキャットフードもオリジンキャットフードも使用しているのは人間も食べられるヒューマングレードという高品質な原材料。

猫にとって高品質なタンパク源からの栄養は非常に重要で、成長、発達、体組織の修復、消化酵素、免疫系のすべてにかかわっています。

さらに、タンパク質は猫の免疫機能や消化システムの正常な機能にも関わります。

また、動物性原料は猫にとって消化に優しく、体の機能を維持するために必要になる必須アミノ酸も多く含まれるので理想的です。

さらに、この2つのキャットフードは高品質な原材料を選ぶことにより、猫の健康をサポートする栄養素をバランスよく提供しています。必要なビタミンやミネラル、必須脂肪酸などが含まれており、愛猫の健全な成長や健康維持に貢献してくれます。

このようにファインペッツやオリジナルキャットのように動物性原料から良質なタンパク質を採ることができるキャットフードは非常に優れていると言えます。

「ファインペッツ」と「オリジン」を主成分で比較!

ファインペッツ オリジン
タンパク質 32.0%以上 40.0%以上
脂質 20.0%以上 20.0%以上
繊維 2.3%以下 3.0%以下
灰分 8.0%以下 8.0%以下
水分 8.0%以下 10.0%以下
オメガ3脂肪酸 1.4% 1.0%以上
オメガ6脂肪酸 3.0% 3.1%以上
リン 0.06% 1.1%以上
マグネシウム 0.06% 0.1%以下
代謝エネルギー 424kcal/100g 416.5kcal/100g

オリジンの方がタンパク質は多いですね、カロリーも低いですし。

ファインペッツにもオリジンにも含まれているオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸という必須脂肪酸は皮膚や被毛を健やかにするなど様々ないい影響を身体に与えてくれます。体内で生成できないので食事から採るしかないんです。

さらに、ファインペッツもオリジンも、AAFCO(米国飼料検査官協会)で定められている、マグネシウムが最低でもキャットフードには0.04%含まれないといけないという量をクリアしてます。

ここで特筆すべきなのは、ファインペッツキャットフードの消化吸収率は87%と超高率だということ。

これは一般的にプレミアムフードと呼ばれているものと比較しても倍以上の消化吸収率です。

消化吸収率が高いからこそ、少ない量で十分な栄養が賄える極めて優れたフードですから、従来与えていたフードと同じ給餌量では肥満になる可能性がありますので注意してください。

オリジンも脂質とカロリーは高めなので与える量には注意が必要です。

「ファインペッツキャットフード」をおすすめの方はこんな人!

○

  • 良質の動物性タンパク質を猫に多く与えたい方
  • 食いつきのいいキャットフードをお探しの方
  • 栄養バランスが優れたキャットフードをお求めの方
  • 消化吸収率がいいキャットフードを与えたい方
  • ヒューマングレードの原材料で作られているフードが欲しい方
  • 子猫からシニア猫まで幅広く対応しているキャットフードを選びたい方
  • 無添加で安心・安全なキャットフードを与えたい方

ファインペッツの公式サイトはこちら

「オリジンキャットフード」をおすすめの方はこんな人!

○

  • 動物性原材料をふんだんに使ったフードが良い方
  • 高タンパクで栄養価の高いキャットフードをお探しの方
  • 猫が消化しやすいグレインフリーのキャットフードを選びたい方
  • 人間も食べられるヒューマングレードの素材を使ったキャットフードを求める方
  • 第一主原料が肉や魚のキャットフードを与えたい方
  • 無添加で安心・安全なキャットフードが欲しい方

オリジンの公式サイトはこちら

しろねこの独断チェック!

ファインペッツとオリジンの動物性原材料の量85%というのはすごいですね。

ファインペッツもオリジンもヒューマングレードですから猫さんが良質なタンパク質を採れます。

その代わりにファインペッツはカロリーが高いので成長中の猫さんやよく動き回る猫さんには向いてるかもしれませんが、シニア猫さんやおとなしい室内飼いの猫さんに与えすぎるのは注意が必要ですね。

残念なのは「全粒米」が使われていてグレインフリーと言えない点。全粒米はアレルギーにはなりにくいそうですが、どうしても使わなければならなかったのかは分かりません。

それでも優れたキャットフードだと言えますけどね。

一方、オリジンの完璧を求めたフード作りには本当に感心しますね。

ヒューマングレード、グレインフリー。人口添加物・香料・着色料不使用。

そして、動物性原材料の多さ。

栄養価とカロリーが高いので成長期の猫さんや健康な猫さんならいいんですけど、シニア猫さんや腎臓などに疾患を持っている猫さんには向いてないかもしれません。

ファインペッツ、オリジン、どちらもおすすめですがお値段的にはファインペッツですかね。

口コミ・評判はこちら

>>ファインペッツキャットフードの口コミ

>>オリジンキャットフードの口コミ

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のキャットフード「ファインペッツ」と「オリジン」の違いを5つご紹介してきました。

ファインペッツとオリジンは結構比較して検討する方も多いのですが、実は「アランズナチュラルキャットフード」と「オリジンキャットフード」で比較する方もいらっしゃいます。

詳しくは「アランズナチュラルキャットフードとオリジンキャットフードを5つの項目で比較!」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました